鵬玉会
 宗家紹介
 会長紹介
 鵬玉会
   財団法人無外流
 
 
 
   
HOME > 鵬玉会 > 会長紹介



ご宗家から預かり、ともに修める

1) はじめまして。通いの内弟子が
武道、そして居合に興味がある方がきっとこの項を読んでいらっしゃるかと思います。
自己紹介を兼ねて、無外流居合の面白さをお話したいと思います。


▲ご宗家につけていただく稽古

はじめまして、武田と申します。
この4年ほどは、無外流明思派のご宗家に直接指導を受けています。
私の中では、言わば通いの内弟子だと考えています。



2) 鵬玉会とは、ご宗家から預かった会
2012年の秋、ご宗家から新会派立ち上げのお話をいただきました。
「末席の私などが」とは思いましたが、
私はご宗家から会を預かる、という立ち位置で始めることでこの話をお受けしました。
例えて言うなら、ご宗家が本質的な会長で私は代理のようなものです。
ご宗家の通いの内弟子が、ご宗家から直接会を預かる。
それならば、会員の皆さんも納得されるばかりではなく、
十分なメリットもあるのではないでしょうか。


3) 頼るは一剣のみ
全くの裸一貫でのスタートです。
いずれ私は故郷の九州に戻り、そこに根をはることになるでしょうが、
今は皆さんとともに地域や老若男女問わず、
ご宗家のご指導の元、無外流を修めたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

▲会長は無外流免許を宗家に授与された

次ページ >>> 鵬玉会のメッセージ

宗家紹介1 宗家紹介2 鵬玉会の宗家紹介 無外流居合とは 鵬玉会について 入門案内 夢録 メールマガジン